台東ウェイストランド

台東区は滅亡しました。

飲んでるステロイド剤の副作用に「睾丸萎縮」とあるわけだが……

 にっき

 さっきかいた日記は昨日の分

 

 小説を書くためにステロイド剤で筋肉をつけているわけだが、

 このステロイド剤の副作用として睾丸萎縮の効果がある。

 

 きんたまが縮むのである。

 

 なんておそろしい薬だ!

 

 そのメカニズムは説明すると長くなるからおいておくが、

 とにかく、縮むのはたしからしい。

 医薬品個人レビューサイトのレビューにも

 「睾丸が縮み、乳首が敏感になる副作用が出た」

 とか書いてあった。

 

 うちの使用量は通常の半分であるので、

 今のところ目だって縮んできたとかまではいかない

 でも、ボディビルなどやっていくとそうなるのでは

 

 縮んでも飲むのやめたら戻るらしい(あまり重大な変化でなければ)

 

 きんたまのはなしはここまで。

 

 2ちゃんにぼくの本名とか書かれてるっぽい。

 本当に底意地悪いなあ。

 

 本当に困った事態になってきたらまた回りに相談してどうにかしていくことにする。

 だるい。こんな事をしている人に限って、うまく行かなくなったらまた環境のせいにするんである。

 

 「ツイッターには書けないから2ちゃんに書く」みたいなのがさいきんはでてきているっぽい。もうツイッターは好き勝手に放言を書く場所じゃないみたいだ。

 ツイッターの変化については下記のような文章を書いた。

 

 

 身体が重たいので横になっていたら、めずらしく夢を見た。

 以下、夢の内容。

 

 四階建ての病院で、食い物がないので上の階に食い物をとりにいく。

 仲間はフジキさん(現実に存在する藤木さんとは関係ない)とぼくともうひとり影の薄い人がいる。

 四階しか食い物のゲットが期待できないが、四階には鬼のような看護婦がいて、食い物をあさりにくるのをはばんでいる。

 看護婦に行く手を阻まれていたら、筋骨隆々の俳優が病院内でいちゃもんをつけている。フジキさんはそのマッチョにつかまってしまう。

 このままだとフジキさんがころされるっぽいので何とかしようかなと思ったらぼくも捕まった。マッチョの付き人のサイコパスっぽい男がいる。ホールドアップさせられる。

 片手でもう片方の手をギューッとにぎれと指示される。

 言われたとおりにすると、にぎったほうの手に血管が浮かんでくる。マッチョの付き人は針の長さが20インチぐらいの注射器をとりだし、その浮いてきた血管から採血をしようとする。

 採血は嫌だったので抵抗した。しかし注射器は二本ある。状況が打開できない。マッチョにつかまったフジキさんは死んだニワトリのようになっている。

 もはやフジキさんごとマッチョを爆破するしか手はないのだろうか?

 

 そう思ったところで目が覚めた

 

note.mu

 

 

広告を非表示にする