台東ウェイストランド

台東区は滅亡しました。

小説を書くためにステロイド剤で筋肉を増やしている

 にっき。

 小説を書くためにアナボリックステロイドを飲んでいる。

 

 ホルモン剤で筋力を増強するのは過去に何度かやっているが、今回はこれまでより強い薬剤を使った。もちろん個人輸入である。

 とはいえ、ボディビルダーの使用量の半分だ。べつにビルドが目的ではなく、ただ制作のための体力をつけたいだけなので、充分だ。

 

 効果は極めて高い。

 まだ一週間しか使ってないが、見た目がもう違う。

 完全にチートである。まあチートなんだけど。

 

 飲んで数日は空腹がでて眠くなり、それを過ぎたら筋肉が増えた。

 なにもしてないのに握力が右1キロ、左2キロ増している。

 

 気になるのは副作用だ。

 副作用で乳首性感が非常に高まるという報告がある。どういうしくみなんだ。

 

 朝ご飯はししゃもとコーラだった。

 チャーハンを作ろうと思ったが、フライパンが空いてなかった。とりあえずししゃもを食って空けようとしたらチャーハンを食いたくなくなった。

 

 昼には出かけるから、それまで筋トレをしておこう。

 もともと骨格は太いので、バルクアップには向いた体質のようである。

 

 時間が余ったら、小説をプリントしたものに赤ペンを入れたものがあるので、それの打ち込みをするつもり。

 このやり方でないとうまく行かないときがある。フォルカスもこのやり方で書いた。

 どうも、モニタ上だけで書いていると目がすべってくる。全体的に文章がやせてくる気がする。

 たぶん複数箇所を見渡しながら書くせい。

 

 今日は外で友人と会う。

 てきとうにメシという感じ、夕方には切り上げると思う。

広告を非表示にする